本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する NPO CHIIROBA

施設概要profile

社名
特定非営利活動法人ちいろば
会長
石田圭二
本社所在地
〒206-0003
東京都多摩市東寺方1-16-3
→アクセス
TEL. 042-372-3015
FAX. 042-338-5162
設立
1984年 10月
従業員数
38名(2017年7月現在)

社会福祉法人至愛協会から
              ちいろばの家は生まれました
About Social Welfare Corporation SHIAIKYOUKAI

1984年に社会福祉法人至愛協会ゆりのき保育園と、かしのき保育園の理事や職員、保育士、父母らの有志が集まり、ハンディのある仲間たちと共に働く場を作ろうと廃品(新聞)回収を始めたことがきっかけでした。月1回の回収(新聞)を有志で行っていく上で新聞のほかに衣類や雑貨、家具、引き出物ほかを出してくれる市民の方々がいました。それがきっかけでリサイクルショップちいろばの家が実現しました。幸い多くの市民の皆様の理解と協力を得ながら、現在までハンディのある仲間たちと活動を続けています

沿革HISTORY

1984年10月
「ちいろばの会」の発足にむけて
 
社会福祉法人至愛協会が経営する、東京多摩市にある、ゆりのき保育園・かしのき保育園の理事と職員、父 母らの有志が集まり、多摩市内に障害者の働く場を創りたいという願いをこめて、ポラン ティアグループ「ちいろばの会」をつくり、古紙回収を始める。  
     
1985年5月
リサイクルショップ「ちいろばの家」誕生!      
念願の事務所兼小さなお店(50u)を多摩市百草につくる。これがリサイクルショップ「ちいろばの家」誕生!
1985年5月
事業所としての運営体制を整える       
地元の大家さんのご好意により多摩市役所そばの土地を借用できるようになり、 約12011iのプレハプを建てる。このとき、それまでのポランティアグループから、代表 を事業主とし他のメンバーをパート労働者として、事業所としての運営体制を整える。
1991年7月
多摩市市民生活課より、不用品交換業務を委託される。
1994年3月
多摩市によって、約150量2の施設が建てられる。旧店舗は作業場と事務所として使用
1996年4月
家貝の倉庫兼店舗
社会福祉法人至愛協会の傘下に入る。和田工房のそばに家貝の倉庫兼店舗(1997年に家具専門店としてOPEN、2000年に閉店となる)を借りる
1997年4月
作業場が通所授産所として認可
ちいろば関戸店の作業場が通所授産所として認可されて、多摩市により建て替えられる。 工事期間中の作業場として、唐木田駅前の店舗を借りる。
1997年4月
ちいろばの家唐木田店
建て替え終了後は、ちいろばの家唐木田店、フリーBOXのお店フリマ@唐木田.comとして営業している。 (後、2000年に閉店)
2001年4月
NPO(特定非営利活動法人)ちいろばの再出発 
2001年4月
特定非営利活動法人の認可をうける
2006年5月20日

リサイクルショップちいろばの家が関戸から東寺方へ移転 
多摩市関戸で17年間活動をしていた。リサイクルショップちいろばの家が2006年5月20日に多摩市東寺方に移転オープンした  
2007年5月25日〜27日
東寺方店移転1周年記念バザー  
3日間あわせて800人超。2007/5/25からのバザーは3日間で来店と持ち込みをあわせて800人以上の人が集まっていただいた    
   
2009年4月
百草倉庫立替  
          百草にある倉庫を建て替えた       
2011年4月
4月指定障害者福祉サービス事業者として出発  
          就労継続支援(B型)として登録